定期借地権とは

人気のお手ごろ物件を探すのなら、やっぱり借地権つき物件というイメージがない訳ではありません。建物も土地も所有者が一致しているのが「所有権」です。しかし、それと比較して不利な条件というのが借地権です。住宅を建てた居住者と、土地の所有者が違うのであれば、それは「借地権付きの土地」だということです。

地上権であれば、建物は他人に貸したり転売が自由にでき、借地権付きの分譲マンションに多くとられている権利の形態です。賃借権は、他人に売却・転貸するときは、土地権利者、つまり地主さんの承諾を得る必要があります。借地権付き一戸建て住宅はこのようなパターンです。

従来の借地借家法においては、ほぼ永久的に土地を使い続けることができ、土地の返還・相続、立ち退きなどの多くのトラブルを抱えていたのも事実です。

そして、新しい法律「定期借地権」が誕生することになります。「定期借地権」では、 建物構造に関係なく30年以上であれば一定の契約期間を設定できるようになり、契約期間が終了したあとは土地を更地にし、地主へ返還することを条件にして借地権を得ることが出来るようになったのです。現在の「借地権付き分譲住宅」は、ほぼすべてがこの定期借地権なのです。

You Might Also Like