メリットデメリット

借地権のメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。借地権は、所有権と比較すれば、購入価格は3割程度低く抑えることが出来ます。土地の固定資産税・都市計画税の負担がないというのも大きなメリットです。そして、土地の取得税が発生しませんし、登記費用も発生せず、不動産購入時の諸々の費用を低く抑えることが出来ます。

借地権は、はっきりと言ってしまえば、多くの人たちに敬遠されがちであるため、人気がなく、だからこそ物件を吟味することが出来ます。そして借地権だろうが、見た目は何も変わらないので、体裁を整えることも可能です。そして、借地権は大事に所有されている土地が多く、環境も良いケースが多いようです。所有権と比較した場合、運用利回りもより高くなることを考えることが出来ます。

しかし、借地権にデメリットもない訳ではありません。借地権があれば、それはもう既に自分の土地ではないということです。担保評価が低く、所有権と比較して融資がつきにくいというデメリットを抱えています。固定資産税の3倍程度の地代負担があり、建替え、または譲渡するとき、地主さんの承諾が必要、かつ承諾料も必要となり、 更新時には更新料が必要となってきます。

You Might Also Like