借地権とは

ここで、借地権についても、初心者の方はしっかり勉強していただきたいと思います。借地権には、 地上権というものがあり、土地の権利を登記することが可能であり、 土地上にある建物を第三者に売却することや転貸することを自由にすることが可能です。

賃借権は、売却や転貸するというとき、 土地所有者、つまり地主さんの承諾を得る必要があります。平成4年の新法で新たに設けられた定期借地権では、更に「一般定期借地権」「建物譲渡特約借地権」「事業借地権」と分類することが出来ます。

「定借マンション分譲」「定借土地区画分譲」「定借一戸建て分譲」などは、「一般定期借地権」に属するものです。存続期間を50年以上とされているため、未だ、 一般定期借地権は、その到達地点に達していないため、いろいろな不安も憶測されていたりします。

借地権の区分マンションとして、多くは地上権であり、自由に売買することが可能です。しかし、中には、賃借権のものがありますので、 売却・転貸には、土地所有者の承諾が必要になります。借地権の一戸建て住宅においては、そのほとんどが賃借権です。そして平成4年8月1日より新しい法律が施行されました。それは以前、借り手の権利が強かったため、地主に有利な条件となっています。